芝の生産から設計・施工、メンテナンスまで、私たちは、緑の総合プロデューサーです。




ホームオリジナル商品
オリジナル商品

暖地型芝に属したバミューダグラス類の品種です。
1.生育速度が非常に早い。(高麗芝の20倍以上)
2.回復力が強く過度の使用にも耐え、損傷からの再生が早い。
3.高密度の芝地を形成し、雑草の侵入が少なく薬剤等による
   除草管理が容易です。
4.耐湿性、耐塩性、耐乾性、耐病性に極めて強いです。
以上の特性より公式試合スタジアムを始め、Jリーグチームの練習グラウンド、市町村の多目的運動場等へ採用されています。

ティフトン芝はバミューダグラスと言われる草種名でアメリカ原産です。
生育期には暖地型芝草の中で最も繁殖力が強いのが特徴です。
また踏圧・擦り切れからの回復力が強い芝であることからサッカー場など各種競技場などでポピュラーに利用され、ウインターオーバーシードのベースの芝として向いている芝です。(エバーグリーン化)
ティフトン芝の最大の欠点は地上部が旺盛な反面、地下部は細根が少なく、根が土を捕まえ難いため切り芝の流通は難しい(一般的な流通はストロン苗がブッシェル単位で流通していた)とされていましたが、生産の段階で生分解性のネットを根に絡めることで、砂丘地でも栽培出来るようになりました。





 私たちが、一大産地鳥取で芝生を生産し、その芝生を利用た工事を行なってきた中で、『もっと芝生事業を合理化出来ないか』との想いから生まれたのが、このティフトンEMRです。
 私たちの開発の背景は、もっと簡単に、もっと早く、もっと楽にグランドや校庭を芝生で緑化したいと考え、従来ホグシ芝(ストロン苗)で流通 していたティフトンバーミューダグラスを生産の段階で生分解性ネットと絡ませることによって様々な規格ニーズに対応出来る商品を完成させました。
 また、地球環境問題として、CO2問題、都市部のヒートアイランド現象、大気汚染等大きな問題となっていますが、グローバルな視野で地球にやさしく、これからの子供達の未来のために、緑化公園、芝生のスポーツグラウンド、学校の校庭緑化、都市部の屋上緑化等々の必要性が問われる時代の中で、私たちはこれからも『芝生事業の合理化』を基本とした新提案をしていきたいと考えています。
中濃緑色で密な綺麗な芝生に成長します。
寒地型の芝ですので、寒冷地・冬場向きの品種です。
日本で唯一ここだけで生産される天然砂丘芝は、ゴルフ場グリーンに最適と、高い評価を得ています。
プロも使用するゴルフ場で使われるスポーツターフです。